包み方

風呂敷の包み方って意外と知りませんよね?

この間たまたまみたら、けっこういろんな風に活用できるんだなぁっと
感心しました。

インテリアとして
良く知られているのはお弁当包みですが、他にも瓶やスイカなど
どんな形でも包めるだけではなく、更にはインテリアとしても
テーブルクロスやクッションカバー、またティッシュカバーに
風呂敷は早変わりします。

アウトドア
また、包むだけには留まらず、サイズの大きな物なら
ピクニックの際のレジャーシートとして使ったり、最近では
撥水風呂敷も造られており、なんと水まで運べます。

包んだりバッグとして活用できるだけではなく、
思いもよらない形へと変化していく風呂敷。

ホント不思議ですが、ゆっくりやっていくことが大切な気がします。
エコ活動と言えど、ちょっとわずらわしいといわず、
日本人らしく ゆっくりやっていけると思います。

ちいさなことをコツコツとやっていく。
それが一つの真実だ。



なんかちょっとね。

 思うことあるよね?
Copyright © 2010-2018 京都で風呂敷とともに暮らす