デザイン

風呂敷は日本人の生活に密着したアイテムとして昔から愛されてきました。その歴史は古いですが、今でこそデザインは変わっても、用途としては昔と同じ、なんでも包める優れものとしてずっと残っています。

時代が変わってもそのデザインは今も愛され、日本国内ばかりではなく外国人観光客にもとても人気があります。

風呂敷のデザインには各々に意味があります。

風呂敷の持つ意味

例えば代表的な唐草模様ですが、長寿、延命、子孫繁栄の象徴とされ、吉祥の意味を表すため、結納など祝い事に好んで使われます。

また、江戸小紋は鮫や霞などをパターン化した細かい文様です。麻の葉は、丈夫で真っ直ぐに成長するので産着や子供の下着類にも用いられ、その風呂敷は、出産祝いとして贈られる事もあります。

鯉は、出世魚として好まれ中国の伝説からこの滝上りのデザインが立身出世の縁起物とされたり、腰が曲がっている事と髭が長い事から不老長寿の象徴である海老は、古くから祝い事の飾りとされてきました。

また、六つの瓢箪をあしらった六瓢は、無病と同じ発音から無病息災を表し、熨斗も婚礼の結納や進物に添えられたため吉祥の図柄とされています。縁起が良い

こういったそれぞれのデザインが持つ意味を正しく理解することで風呂敷の用途もまた広がり、新しいデザインにも活かされます。

物を大切にしていこうとする日本人の精神は、このように風呂敷にも表れているのです。

 

シルクロードを経て奈良時代に伝来した唐草模様

唐草模様とは別名を唐草文とも言い、葉や茎など蔓植物が伸びたり縮んだりした形を図案化した植物模様の日本での呼び名です。

複数の曲線や渦巻き模様を組み合わせることによって、蔓が絡まり合っている様子を表しているそうです。原型となっているのは古代のギリシャ神殿のアカイア式円柱などに見られる草の文様で、メソポタミアやエジプトから世界中に広まったと考えられています。

日本では奈良時代にシルクロード経由で伝わったとされています。

唐草模様の種類は多岐にわたり、スイカズラを用いた忍冬唐草やブドウを主体とした葡萄唐草、パルメットの意匠を用いたものが挙げられ、ギリシアの陶器に見ることが出来ます。

また、唐や朝鮮からもたらされた仏教美術にはハスやボタンを唐草と合わせた蓮華唐草、牡丹唐草などがあります。ツタをかたどるものは蔦花文様とも、蔦蔓文様とも呼ばれます。

奈良時代に渡来してきた模様から次第に和様式となったものが好まれるようになりました。描かれている模様は中世を境にしてキリやフジ、松竹梅などの身近な植物に変わり、染織、織物、蒔絵などに用いられたようです。

現在の日本で一般的に唐草模様として認知されているのは緑地に白の唐草模様のある風呂敷で、獅子舞の被り物として有名です。

図案化が進み葉に当たる部分が簡略化された結果、殆ど原形をとどめていないようです。

 


なんかちょっとね。

 思うことあるよね?
Copyright © 2010-2018 京都で風呂敷とともに暮らす